ちょっと裏話

  ブログ

スタッフBでございます。

「マダム宮殿」の立ち上げに際して、当社のボスと意見が一致したのは…

「熟女店=ハードサービスばかりなのはオカシイ!」

「熟女ならではの魅力…を持った女性であれば極端なはーどサービスなんか必要ない」

「上品な、落着いた奥様=マダムを厳選してお届けする店舗が必用」

でした。

以前からボスとは新店舗についての意見を交換していた中で、

CLUB(キャバクラ)遊びと風俗の融合

激安~超高級迄の網羅

回転重視の激安店

等々が遡上に上がりましたが、皆様からご支援ご愛顧いただいている「セレブ宮殿」の互換店としてアラフォー世代以上の「厳選」された「マダム」を集めたデリヘル店がOPENしようとしております。

 

「マダム」という言葉に、日本では=おばさんのイメージがあるかと思いますので…本来の意味をご紹介して今回のブログを〆ることと致します。

 

マダムMadame, 略記: Mme.)は、フランス語で、既婚女性(あるいは地位の高い女性や年長の女性、あるいは女性全般)に対する敬称または呼びかけである。口語では、冠詞を伴い「婦人」の意味にも使われる (la madame)[1]

男性へのムッシュ (Monsieur, M.)、未婚女性へのマドモワゼル (mademoiselle, Mlle.) に相当する語である。

英語のミセス (Mrs.) に当たるが、女性の未既婚を区別しない場合にも使われ、すなわちミズ (Ms.) に当たる語でもある。

 

語源

語源は「ma + dame」で、「私の (ma) 婦人 (dame)」という意味である。

 

どうぞ…貴方の御婦人を見つけて下さい。。。

でわでわ。