面接で感じること・・・一昨日の面接は『お客様の立場』

  ブログ

面接で感じること・・・一昨日の面接は『お客様の立場』

皆様こんにちは星野で御座います。

お陰様で連日多数のお問い合わせを頂き、誠にありがとう御座います。

面接予定も着々と入っており、大忙しの毎日で嬉しい限りです。

先日も午後から2名の熟女さんを面接し、お一人は業界未経験のマダムで採用となりました

デビュー日は明日の予定。この後、サイトの方にも順次UPしてまいりますので、楽しみにお待ち下さい。

新人マダム一覧はこちら

もう1人の熟女さんは、容姿はかなりのレベルと言えましょう。

しかし面接時間が進むにつれ、星野に“違和感”が・・・

趣味はなんですか?「特にないです・・・」

料理はしますか?「適当にやります・・・」

何の料理が得意ですか?「別にないけど・・・」

どこが性感帯ですか?「適当に書いといてください・・・」

星野「・・・」

若かれし頃から、容姿が良くチヤホヤされてきたのでしょう。

心ともない面接で、星野もがっくりで御座います。

面接では女性の良さを引き出すのが星野の仕事ではありますが、力量不足を痛感しております。

まだまだ未熟であります。反省すべき点は沢山あります。

しかし・・・

思わず「面接だという事はわかってらっしゃいますか?」と発してしまいました。

マダム宮殿のコンセプトの1つに

“癒し”と“おもてなし”

というのが御座います。

いくら容姿が綺麗だろうが、モデル並みのスタイルであろうが、

この部分に欠ける女性は採用いたしません。

脱げば男は満足なんでしょ。そんな態度が見え隠れし残念でなりません。

もちろん相性というのも御座いますが、最低限の接客、マナー、礼儀といったものは必要だと思います。

限られた空間を満足いくものにするは、今後もより厳選し面接したいと思います。

本日の出勤マダム

今すぐ遊べるマダム